茶道合宿に行くなら、旅行会社に無料一括見積もりを取ろう!

茶道合宿

施設の選び方

茶道で使われる茶室は、茶事の主人が客を招き、お茶を出してもてなすために使われるところ。日本庭園の中に造り、露地を設けているのが一般的です。最近では、ホテルや公共施設などの一角にも多く造られています。
炉が切ってある和室も茶室と呼ばれますが、一般の茶室とは四畳半以下の草庵風茶室をいい、竹や土塀などを使って造られています。

掛け軸や釜など、茶道具も貸し出し可能な施設が多いので、気軽に利用してみましょう。

最近では、ホテルの一角に茶室を設けているところが多いため、ホテルなどの施設を利用する場合が多い。公民館など公共施設を利用する場合は、比較的安く利用することができる。また、茶道具の貸し出しを行っている場合もあるので利用しやすい。

もっと自然の庭などの雰囲気を楽しみながら合宿をしたいというなら、旅館がオススメです。

茶室によって雰囲気が変わってくるので、旅行会社に相談してみましょう。

宿泊先の選び方

茶道合宿の宿泊先の選ぶポイントに、どのような形態の施設に泊まるかがあります。大きく分けてホテル・旅館・民宿の3種類になります。
民宿などの場合、チェックインの時間を融通してくれるところも多いようです。早めに着いて練習したいという場合、あらかじめ練習が可能かどうか確認しておきましょう。

もう1つのポイントとしては、宿泊施設と茶室などの利用施設間の交通手段です。宿の私有施設を利用する場合は、バスを出してくれることが多いです。その場合、時刻が決まっているのか、それとも融通がきくのか確認しておきましょう。
その他の場合は、宿泊施設と利用施設間の距離にもよりますが、公共の交通手段を利用することが多くなります。

宿泊先の周辺のお店なども確認しておくと、買い出しなどのときに安心。
あらかじめ必要な周辺施設などを確認しておきましょう。旅行会社に相談しておけば、スムーズに合宿を行えます。

人気の合宿場所

有名な茶室

如庵(国宝):犬山市、名鉄有楽苑
密庵(国宝):京都市、大徳寺龍光院
待庵 (国宝):妙喜庵、大山崎町
忘筌(重要文化財):京都市、大徳寺孤蓬庵
官休庵:京都市、武者小路千家
黄金の茶室 :大阪城天守閣

茶道合宿で人気の合宿場所は、有名なお茶室があるところです。京都市・大阪市には、国宝や重要文化財にしていされている茶室や、歴史的に価値のある茶室が多くあります。さまざまな茶室を見学することもオススメです。

お茶会

茶道の基本的な所作を覚えたら、実際にお茶会に参加してみましょう。点前の所作は流派によって、少しずつ異なります。いろいろな流派のお茶会に参加して、お茶会を楽しんでみることがオススメです。どのようなお茶碗や季節のお菓子が出てくるかも楽しみの一つです。

表千家
裏千家
武者小路千家
華道岩月水流
小川流
宗偏流
小笠原流
薮内流
松月流

茶道合宿といっても、団体の規模によって利用する施設が異なってきます。

また個人旅行や、観光目的での団体旅行とは異なり、施設・設備の予約が難しく、幹事は大変です。
茶道合宿の幹事になったら、参加者が楽しめる合宿をスムーズに進めたいもの。
「合宿見積.com」は、一度に複数の旅行会社から、見積りが可能。希望にそって各種合宿の手配をしてくれる、旅行会社をご紹介いたします。

段取りがわからないという幹事さんも、まずは相談してみましょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2018 IBI Inc. All Rights Reserved.