音楽合宿に行くなら、旅行会社に無料一括見積もりを取ろう!

音楽合宿

施設の選び方

音楽合宿には、バンド合宿・吹奏楽合宿・合唱合宿・スタジオ合宿などがあります。それぞれ音楽ホール、スタジオが利用される。

コンサートホールの特徴としては、舞台から音を客席まで伝えるための響きが必要とされるため、響きを調節することのできるホールもある。

ホールの形による種類
・ シューボックス型
直方体の形をしていることから、シューボックス型と呼ばれる。
・ ワインヤード型
客席が段になり、舞台を囲んでいる形になっているものを、ワインヤード型という。


音楽スタジオにもさまざまな種類があります。利用目的をはっきりさせた上で、旅行会社に相談するのがオススメです。

利用目的での種類

・ リズム採り用スタジオ
・ ダビング用スタジオ
・ ミックスダウン用スタジオ
など


規模による種類

・ 大規模スタジオ
スタジオの数が5つ以上で、ダビング用など、異なる目的で利用されるスタジオが複数あるもの。
・ 中規模スタジオ
リズム録りからダビングなどを行える1ハコの程度のもの。
・ プライベートスタジオ
個人用に作られたスタジオ。小規模から大規模のものまである。

音楽合宿・バンド合宿・吹奏楽合宿・合唱合宿・スタジオ合宿の場合の注意としては、防音施設を必ず選ぶことや、早朝や夜の練習には気を配るようにしましょう。

宿泊先の選び方

音楽合宿・バンド合宿・吹奏楽合宿・合唱合宿・スタジオ合宿の宿泊先の選ぶポイントに、どのような形態の施設に泊まるかがあります。大きく分けてホテル・旅館・民宿の3種類になります。
民宿などの場合、チェックインの時間を融通してくれるところも多いようです。早めに着いて練習したいという場合、あらかじめ練習が可能かどうか確認しておきましょう。

音楽合宿の宿泊先を選ぶ、もう1つのポイントとしては、宿泊施設と、ホールやスタジオなどの利用施設間の交通手段です。宿の私有施設を利用する場合は、バスを出してくれることが多いよう。その場合、時刻が決まっているのか、それとも融通がきくのか確認しておきましょう。
その他の場合は、宿泊施設と利用施設間の距離にもよりますが、公共の交通手段を利用することが多くなります。

宿泊先の周辺のお店なども確認しておくと、買い出しなどのときに安心。
あらかじめ必要な周辺施設などを確認しておきましょう。旅行会社に相談しておけば、スムーズに合宿を行えます。

人気の合宿場所

音楽合宿・バンド合宿・吹奏楽合宿・合唱合宿・スタジオ合宿で人気なのは、コンサートホールやスタジオの多く集まる、東京をはじめとして、河口湖での合宿も人気が高く、本格的なスタジオを併設する宿もあります。

合宿のプランとして、練習のほかに、地方で行われているコンサートなどに行くのもオススメです。

音楽コンクール

吹奏楽コンクール:
吹奏楽コンクール(主催:全日本吹奏楽連盟)
全日本マーチングコンテスト(主催:全日本吹奏楽連盟)
全日本アンサンブルコンテスト(主催:全日本吹奏楽連盟)

合唱コンクール:
全日本合唱コンクール(主催:全日本合唱連盟)
宝塚国際室内合唱コンクール(主催:宝塚市)

音楽合宿といっても、団体の規模や利用する施設はさまざま。

また個人旅行や、観光目的での団体旅行とは異なり、施設・設備の予約が難しく、幹事は大変です。
音楽合宿の幹事になったら、参加者が楽しめる合宿をスムーズに進めたいもの。
「合宿見積.com」は、一度に複数の旅行会社から、見積りが可能。希望にそって各種合宿の手配をしてくれる、旅行会社をご紹介いたします。

段取りがわからないという幹事さんも、まずは相談してみましょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2018 IBI Inc. All Rights Reserved.