様々な合宿施設に関する情報を提供しております

合宿施設の種類

公共施設と宿の私有施設

合宿で使用する施設には、公共の施設と、宿などの私有施設があります。

公共の施設は予約手続きが必要で、予約と同時に使用料を支払うところもあります。予約と施設への支払いは宿が代行してくれる場合もありますが、キャンセルできないところもあり、全額負担となりますのでご注意が必要。また、キャンセル料がかかることが多いので、よく確認しておきましょう。

公共施設と、宿の私有施設どちらがよいかは、どのような合宿にしたいかによって異なります。野球場や体育館などは、私有施設も少なく、公共施設を利用することが多くなるでしょう。また設備も私有施設より整っています。ただ宿から送迎となる場合が多く、夜間練習が難しくなる可能性があります。予約も簡単ではありません。その点、宿の私有施設であればいつでも予約可能ですし、夜間練習も充分できます。

公共施設の予約方法
予約開始日は、施設ごとに1年前、3ヵ月、1ヵ月前からというようにそれぞれ規定があります。また、申込方法も電話・書類提出・現地申請・抽選などさまざま。場所と予約時期、施設の種類によりますが、夏季の合宿シーズン・週末は特に早めの問い合わせが必要。先着順または抽選で、予約は地元優先となっていることが多いです。穴場や、施設の数が多い地域などもありますので、早めに旅行会社に相談してみましょう。

宿泊先から施設への移動について
団体によっては、公共の交通機関を利用して施設への移動を行います。移動する際の交通の便などに注意を払う必要があります。参加人数がある程度そろえば、貸切バスがお得でしょう。貸切バスなら集合場所から目的地まで乗り換えなし、重い荷物を持たずに楽に行けるのでオススメです。車種も15~24人乗りの小型バスなどから人数に応じて選べます。また、レンタカーを借りるのも便利です。

体育系施設

体育会系合宿で使用される施設としては

・ 球場
・ サッカー場
・ テニスコート
・ ゴルフ場
・ グラウンド
・ 陸上トラック
・ 体育館
・ 剣道場
・ プール
・ スキー場
などがあります。

競技によっては、屋内施設・屋外施設などがあり、旅行会社に相談する前にハッキリ決めておくと、スムーズに予約ができます。

文化系施設

文化系合宿で使用される施設としては

・ 音楽ホール
・ スタジオ
・ 教室
・ 会議室
・ 多目的ホール
などがあります。

スポーツ合宿と違い、ほぼ屋内施設になりますが、規模により利用する施設が異なりますので、旅行会社に相談する前によく確認しておきましょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2018 IBI Inc. All Rights Reserved.