テニス合宿に行くなら、旅行会社に無料一括見積もりを取ろう!

テニス合宿

施設の選び方

テニス合宿で利用する施設を選ぶポイントはやはりテニスコートです。テニスのコートは、素材によって4種類に分けられます。どの素材のコートを使いたいか、はっきりさせておきましょう。

・ グラスコート(芝)
芝の手入れなど、維持管理に手間がかかり、最近では採用している施設は少ない。球速が速く、球がバウンドするとき不規則になる。

・ クレーコート(土)
土のコートのことで、粘土質の土の表面に砂をまいたコートが多い。硬式テニスでは、球速が遅いため、ラリーが続きやすい。ソフトテニスでは、逆に球速がもっとも速いコートになる。

・ ハードコート(コンクリート、ゴム)
クレーコートに比べてボールが速くなるので、強いサーブ ストロークを打つ選手に有利になる。選手の体に与える衝撃が大きい。比較的維持管理に手間がかからないため、最近ではレジャー施設でも採用するところが多くなっている。

・ オムニコート(砂入り人工芝)
日本では広く普及しているコート。一般的にオムニコートと呼ばれる。球速は硬式テニスの場合ハードより弾まない。軟式テニスの場合、クレーより遅く、よく弾む。天候に左右されないところが長所である。

宿泊先の選び方

テニス合宿の宿泊先の選ぶポイントに、どのような形態の施設に泊まるかがあります。大きく分けてホテル・旅館・民宿の3種類になります。
民宿などの場合、チェックインの時間を融通してくれるところも多いようです。早めに着いて練習したいという場合、あらかじめ練習が可能かどうか確認しておきましょう。

テニス合宿の宿泊先を選ぶ、もう1つのポイントとしては、宿泊施設と、コートなどの利用施設間の交通手段です。宿の私有施設を利用する場合は、バスを出してくれることが多いよう。その場合、時刻が決まっているのか、それとも融通がきくのか確認しておきましょう。
その他の場合は、宿泊施設と利用施設間の距離にもよりますが、公共の交通手段を利用することが多くなります。

宿泊先の周辺のお店なども確認しておくと、買い出しなどのときに安心。
あらかじめ必要な周辺施設などを確認しておきましょう。旅行会社に相談しておけば、スムーズに合宿を行えます。

人気の合宿場所

テニスコートが設置されている場所は、全国各地さまざまです。とくに軽井沢などのように避暑地が多く、リゾート地として人気があります。中でも人気なのが河口湖でのテニス合宿で、毎年たくさんの人がおとずれています。

私有のテニスコートの場合、宿泊先によっても、利用できる施設が異なってくるので、あらかじめよく確認しておきましょう。

●河口湖合宿をプランから選びたい場合はこちら≫

テニス大会

テニス合宿で利用するテニスコートは避暑地などに多くあります。また、各地域でも社会人テニスのトーナメントなどが開催されているため、参加してみることがオススメです。日頃の練習の成果を試してみましょう。

トーナメントには
各自治体が主催しているもの
リゾート地などテニス施設の多く集まる地域で行われるもの
テニススクールなどが主催しているもの
などがあります。

リゾート地での開催の場合、イベントやパーティーなどもあり、テニス以外でも楽しめるのでオススメです。

トーナメントに参加する際の注意点
・ 遅刻厳禁
トーナメントには多くの人が参加しています。少しの遅刻でも、周りの人に迷惑をかけてしまいます。
・ マナーは守りましょう
みんなが気持ちよくテニスを楽しむためにも、最低限のマナーはきちんと守りましょう。

テニス合宿といっても、利用するコートの種類によって異なる特徴などがあります。

また個人旅行や、観光目的での団体旅行とは異なり、施設・設備の予約が難しく、幹事は大変です。
テニス合宿の幹事になったら、参加者が楽しめる合宿をスムーズに進めたいもの。
「合宿見積.com」は、一度に複数の旅行会社から、見積りが可能。希望にそって各種手配をしてくれる、旅行会社をご紹介いたします。

段取りがわからないという幹事さんも、まずは相談してみましょう。

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。 Copyright (C) 2006-2018 IBI Inc. All Rights Reserved.